神様は生きるのがつらいのショボい美男不可思議って抱腹絶倒美少女との謎な人付き合いが良い

神様は生きるのがつらいは、一体全体大神が自分で死のうとしているシュールな舞台から始まって、いとも驚いてしまいました。どうも神秘々の世界でも方と共に不等社会になっているみたいで、彼氏は立てこもり等らしいですね。出雲へ宴へ伺う事が、覇者の中に、たった1人でフリーランスが紛れ込む感じですとか無理言っています。必ずこういう神様は生きるのがつらいみたいで困り果てているって、1人のギャルが社に倒れていました。大神は生け贄って考え違いしますが、ただの行き倒れだというソリューションに達します。ただし、制服ギャルが神社に倒れているとか、何か意味がわかりませんね。旦那が目を覚ますって、語る獣といった大神が近辺におけるという驚愕のケースですが、ぜんぜん驚く雰囲気がありません。寧ろ、大神について感激の言い方を発するくらいで、謎は深まって行く片方ですね。こういうこどもは野々宮春といって、近所で祖母と暮らしていたけど、その祖母がなくなり1人になったみたいです。次いで何でもするから神秘の近辺においてほしいとかいう滅茶苦茶な事を言いだすわけです。フリーランスな大神が、直ぐに愛らしい少女と共に住むとか、ある意味妬ましいと思います。普通のメンズなら、同時に襲いかかってしまいそうなものですが、彼氏は神秘とはいえ引きこもりだけに、軽々とギャルのいうがままになる。次いで野々宮春というこどもが中学というのも、些かびっくりしましたよ。大神が、任務練習ギャルを奥様にしたい上に、即却下されてへこむとか大笑いすぎだ。こんなにも貧弱大神だったら、他のスペシャル神秘らという出会うのが不快のは当然ですよね。しかも、直ちに首を吊ろうとするとか、大層斬新な大神ですよ。これだけ面白かったら、読まないなんて領域はありません。居候のギャルを奥様にするには、とりわけお参り者を繰り返す必要があるからといって、やたら違う道筋に手掛ける大神も笑えました。